冠婚葬祭で気をつけたいマナー

冠婚葬祭 マナー

冠婚葬祭 マナーについて

冠婚葬祭で気をつけたいマナー

冠婚葬祭で結婚式の披露宴に出席する際に、覚えておくと良いマナーがあります。
まずは遅刻しないように気をつけましょう。
開演30分前には到着して、15分前には控え室で待機しているようにするのが望ましいです。
また受付を頼まれていた方は、遅くても開演1時間前には到着しておかなければなりません。
出掛ける前は、祝儀袋と中身を確認して招待状や会場地図などを持っていくようにしましょう。
夫婦で披露宴に出席する場合の芳名帳の書き方は、夫が先にフルネームで書きます。
そのあとに妻が名前だけ記入するようにしましょう。
受付の際には、本日はおめでとうございますとお祝いの言葉を述べるようにしましょう。
祝儀袋を両手で渡すようにしなければなりません。
芳名帳は裏写りしないようにと、裏表がないや返さないという意味から片面だけに書くようにします。
スピーチなどを頼まれているときは、忌み言葉には気をつけるのがマナーです。
別れるや切るなどの忌み言葉は使わないようにしましょう。